dA-tools.com

HOME > AfterFx > Tips > AEetc001

オプション起動

※Windows版

複数起動

  • multiBoot.jpgコマンドプロンプトコマンド・プロンプトを立ち上げる。
  • Support Files のディレクトリーに移動。
  • AfterFx.exe に オプション" -M" を付けて実行 。
  • こうすると既にAfterFxが起動していても、もう1つ”AE”が立ち上がります。
  • ついでにもう1回同じことをしてみると、更に”奴”が起動して”奴ら”になります。
  • マシンのメモリが増えるわけじゃないからメリット薄いけど、あれの役には立つでしょう。

言語選択

  • " -L En"ってオプションで実行すると、英語版に変身。
    • CS4の場合は " -L en_US"
  • "-L JP"だと見慣れた和風のAEが。

レンダーエンジン

  • " -re"とするとレンダーエンジンとして起動します。ネットワークレンダリングのクライアントになります。(CS3以降)

RenderScreen.png

コマンド・プロンプトなんて使ったことないよ!

  • というマウスィな方にはこちらの方法を。
  • shortCut.jpgショートカットAfterFx.exeのショートカットを作ってプロパティを開く
  • ショートカット・タブの”リンク先”の末尾にオプションを書き足しす。右図
  • このショートカットをダブルクリック、またはプロジェクトファイルをドラッグ&ドロップして起動。