dA-tools.com

HOME > AfterFx > expression > 実践 > 実践 目次

実践編

エクスプレッションを書こうとすると、マニュアルの説明だけでは使い方が分からなかったり、対処に戸惑うことがいろいろと出てきます。この実践編はパラメーターの意味や使い方などを具体的な例を踏まえて説明しています。

項目は順次追加しています。順番に読む必要はありませんので必要な項目を拾い読みしてください。

この実践編は大きく3つの内容に分けることが出来ます。

1、基礎編より深い基礎知識

 特に1~5は使いこなす上で必須の知識です。

  1. 次元、インデックス
  2. ベクトル
  3. オブジェクト
  4. ゼロからの参照
  5. 言語メニュー
  6. 記述の省略
  7. エクスプレッション制御
  8. エクスプレッションの時間
  9. 3D

2、メソッドの詳細

 メソッドの引数、パラメータ、記述の具体例です。

  1. イーズ : ease
  2. ループ : loop
  3. ランダム、ノイズ、ウィグル : random,noise,wiggle
  4. スムース : smooth
  5. スピード : speed
  6. サンプルイメージ : sampleImage
  7. キーフレームの判断 : nearestKey

3、他の要素との複合

 JavaScriptや数学の知識が必要となる例。AfterFx以外のソフトにも応用できます。

  1. 値の範囲と変換
  2. 計算の記憶
  3. グラフ
  4. トリガー
  5. テキスト関係
  6. 外部結合
  7. 正規表現






















.

.