dA-tools.com

HOME > AfterFx > expression > 実践 > リサージュ波形

リサージュ波形

三角関数を使ってポイントを円や8の字形などに移動することが出来ます。

 媒介変数による基本的な式

  x=a*cos( mS)
  y=b*sin( nS+α)

各変数を変えることで様々なリサージュ波形が作れます

1.円

x=Math.cos(Math.PI*2*time);
y=Math.sin(Math.PI*2*time);

2.楕円

flat=0.6; // 0<flat<1
x=Math.cos(Math.PI*2*time);
y=Math.sin(Math.PI*2*time)*flat;

3.斜め楕円

angle=0.6; // 0<angle<2
shift=Math.PI *angl;
x=Math.cos(Math.PI*2*time);
y=Math.sin(Math.PI*2*time+shift);

4.八の字型

x=Math.cos(Math.PI*2*time);
y=Math.sin(Math.PI*2*time*2);

この例では変数timeを使っているので曲線上を1秒で1回移動します。
曲線上の特定の位置に固定するにはtimeの代わりに0~1で指定します。
逆回転にするにはyに-1を乗算します。