dA-tools.com

HOME > AfterFx > expression > 実践 > スムース

スムース : smooth

スムースは値の平均化をするメソッドです。

グラフの鋭角な部分を削って柔らかくします。

smooth ( width, samples, t )

戻り値はNumber / array

すべてのパラメータにデフォルト値が設定されています。

  • width : 0.2
  • samples : 5
  • t : time

パラメーター

width

  1. 平均化する時間の範囲を決定します。
  2. 単位は秒です。

右図はモーションパスにsmoothを適用した例です。SmoothWidth.gif

  1. 値が大きくなると平均化する範囲が広くなるので、角の丸味が大きくなるのが判ります。
  2. 24fpsのプロジェクトなのでwidthの秒数を○/24で表示しています。
  3. パスの1辺が1秒で、トータル4秒のプロジェクトです。

samples

時間内にサンプルする(取り出す)回数です。SmoothSample.gif

  1. 基本的に奇数を使います。
  2. サンプル数が少ないと角がカクカクしますが、多くするとスムースな曲線に近づいていきます。

t

  1. 標準ではt=time(現在の時間)で使います。
  2. 基本となる開始時間を指定します。

例 平均化

ランダムに散っている値を平均化して滑らかにしてみます。

  • 上図の左は[ 位置 ]と[ 不透明度 ]がランダムに変化しています。
  • 右は それに[ スムース ]を適用してあります。
  • 下はそのグラフです。

SmoothGraph.gif