dA-tools.com

HOME > AfterFx > expression > 基礎 > 保存・再利用

7.エクスプレッションの保存と再利用

エクスプレッションはプロジェクトごとに保存されます。エクスプレッションだけを個別に保存したり読み込んだりする専用の機能はありませんがもともとエクスプレッションは単なるテキストデータですのでいくつかの保存方法があります。

保存方法あれこれ

  1. NotePadなどのTextEditorにコピー&ペーストしてTextファイルとして保存
  2. エクスプレッション専用のプロジェクトを作って保存。プロジェクトを読み込んでリンクまたはコピーして使用。
  3. プリセットとして保存。 特に値を発生させるエクスプレッションに有効です。

プリセット保存の例

セルアニメでよく使う[秒+コマ]という形式でTimeを表示するエクスプレッションをプリセットから使えるようにしてみます。

保存exp_preSet.jpg

  1. テキストのソーステキストにエクスプレッションを記述。(文字列操作)LinkIcon
  2. ソーステキストを選択しておく。
  3. メニュー→[アニメーション]→[アニメーションプリセットを保存]を選ぶ。
  4. 適当な名前を付けて保存 (例:sec+koma_24.ffx)
  5. エフェクト&プリセットウィンドウに登録されます。右図

使い方

  1. エフェクト&プリセットウィンドウを開き
  2. 保存したプリセットのアイコンをテキストレイヤーにドラッグ&ドロップします。
  3. ソーステキストにエクスプレッションが記述され、直ぐ使うことが出来ます。