dA-tools.com

HOME > AfterFx > JavaScript > データの型

データの型

  • JavaScriptで処理をするためにいろいろな値を操作します。その値の型のことをデータ型といいます。
  • データ型には3つの種類があります。Expressionを書いているときはあまり意識しないのですが、とても重要なポイントです。
  • 例:
    • 24という数値型
    • Retakeという文字列型
数値
64ビット、浮動小数点。
整数値と浮動小数点値を区別しません。
論理値
trueとfalseの2つだけです。true=1 false=0 として評価、演算に使用できます。
文字列
任意の長さの英字、数字、記号などからなります。文字列を記述する時は引用符(" "/' ')に囲みます。
“平面1” 'My_name'
  • 上の3つは基本データ型でこの他にオブジェクトとよばれる複合データ型もあります。配列や関数も特殊なオブジェクト型です。
  • typeOf演算子を使うとデータの型を調べることが出来ます。

型変換

文字列と数値は必要に応じて自動的に変換されますが、常に型を意識しておかないと思わぬエラーに遭遇します。LinkIcon文字と数値

数値から文字列へ

String関数
String(number)
toString()メソッド
number.toString()
引数を省略すると10進数に変換
自動変換
number + ""
toFixed()メソッド
number.toFixed(0)
引数は小数点以下の桁数

文字列から数値へ

自動変換
"123"- 0
Number()コンストラクタ
Number("123")
これは10進数だけに有効。数字以外の文字が接続していると使用できない。
parseInt()関数
先頭の整数のみを評価。数値以外のものは無視
parseInt("3.14cm"):結果は3
parseFloat()関数
整数と浮動小数点
parseFloat("3.14cm"):結果は3.14
parseInt()もparseFloat()も変換できない場合はNaNを返します。
eval()
文字列を式として評価するので変換にも使えます。
eval("123"):結果は123