dA-tools.com

HOME > AfterFx > JavaScript > デバッグ

デバッグ

  • ミスやエラーを発見して修正する。

エクスプレッション

  • AfterFxにはExpresionのデバッグ機能はありませんが、Expresionをアクティブにしたときに実行不可能であればエラーを表示するのでそこに書かれている内容からエラーの行数と大まかな内容を知ることは出来ます。ただし指示されたエラー行が必ず間違っているとは限りません。

スクリプト

  • スクリプトには専用のプログラム・ExtendScript Toolkit があるので、これを使うと効率よくデバッグをすることが出来ます。詳しくはLinkIconこちら

犯しやすいミス

  1. 大文字、小文字、半角全角 間違い
  2. 参照するターゲット・パスの間違い
  3. コンマとピリオド・コロンとセミコロンの間違い
  4. 行末のセミコロン「;」書き忘れ
  5. カッコの閉じ忘れ
  6. カッコの種類間違い
  7. 代入「=」と比較「==」の間違い
  8. プロパティの次元違い
  9. 配列、ベクトルのインデックス番号違い
  10. 関数の返却値、プロパティの戻り値
  11. ゼロによる除算
  12. 関数、変数の名前の間違い
  13. 変数名のダブり