dA-tools.com

HOME > Junk > AutoSetUp

autoSetBane.jpg

T-sheetではセルのレイヤー数だけAfterFxとの間でコピー&ペーストを繰り返します。
開発当初はその方法しか出来なかったのですが、現在ではスクリプトを使って簡単にセットアップの自動化ができるようになっています。既に利用しているスタジオもあると思いますが、ここでは、ちょっと前のプロジェクトで使用した様子を紹介します。

1.ボタン1つで出来ないの?

  • SS_cockpit02.jpg
  • T-sheetのタイミングをまとめてAEに設定出来ないの?
  • これはT-sheetユーザーから寄せられる一番多い要望です。実はT-sheetとAfterfxのレイヤーを確実に対応させることが出来れば簡単に実現可能です。それではなぜ今までやらなかったのか。

2.作業実態は様々

  • T-sheetとAfterfxのレイヤーを対応させるにはファイル名やディレクトリー構造などデータ管理方法が重要なポイントになりますが、それはスタジオや作品ごとに違いがあります。ですから汎用的なプログラムをすることは無理がありました。しかし今回は「ある条件」を設定してセットアップの自動化をしてみました。

3.ワークパッケージ

  • まずは仕様を決めるにあたってセルに関わるAfterFxの作業を確認します。
  1. プロジェクトを作る(開く)
  2. 素材を読み込む
    1. セル素材
    2. レイアウト、カメラワークやフレーム指示、組線
    3. 特殊効果素材
  3. コンポジションを作る
  4. セル素材にタイムリマップを適用。修正する場合もある。
  5. スムース・プラグインを適用する
  • これ以外にも背景の読み込みやカメラワーク、エフェクト適用等の作業があるが、それらは複雑でT-sheetからコントロールするのは効率が悪いので、今回は1~5を1つのタスクとして自動化することにしました。

4.条件を設定

  • セルはレイヤーを持たない連番ファイル
  • [aセル]は[a]と言う名前のフォルダーに入っている。

celDirectory.jpg

  • セル毎のフォルダーをまとめる親フォルダーが1つある。図では[cel]フォルダ
  • [Lo]フォルダー内のファイル(レイアウト、フレーム指定)は単独ファイルとする
  • セルをまとめるコンポ名を[cel_comp]とする

5.T-sheetとスクリプトの作業分担

  • タイミングとセル重ねはT-sheetで決める。
  • ファイルの読み込み、コンポジションの作成はスクリプトで行う。
  • コンポジションの設定はどちらでも可能だがT-sheetの方が自由度が高いし設定を2ヶ所に分ける必要はないのでT-sheetでやって、データをスクリプトに渡すことにする。

6.必要な機能

  • セルの追加(リテーク)にも対応出来るようにする。
  • セルのタイミング確認用に秒数とセル番号を表示する
  • 複数のスムース・プラグインを選べるようにする
  • シートのセル名をフォルダーから取得してタイプミスを防ぐ
  • シート(レイヤー)の並び順を簡単に変更できるようにする。

ワークフロー

  • 作業の流れは図のようにしてみました。

TS_AutoSetup.jpg
クリックで拡大

1.T-sheet(専用)
セルのディレクトリーを指定。
シートを付ける。
コンポやプラグインの設定をして保存。
2.AfterFx
スクリプトで設定を読み込み実行。
  • 図の赤で囲ってある3つだけが手作業で、それ以外は自動で処理されます。

Demo

  • ムービーで雰囲気を紹介します。

  • スタッフ向けのマニュアルなのでファイルデカイです。

プロジェクト検証

  • 実際の作業では例外も多いので、セル素材の初期セットアップとしては使えるかなって感じです。
  • なお、Soft,script共にインハウス仕様なので今のところ公開予定はありませんが、ご意見ご感想などありましたらお聞かせください。